生産量 主要設備
2~3棟/日  50~70棟/月 横架材加工機 1ライン(三次元加工機付き)
柱材加工機 1ライン
2×4羽柄加工機 1ライン
合板加工機 1ライン

■画像をクリックすると拡大表示されます。

京北プレカットは京都の木材の主なソースです。 我々は手仕事を重視しており、お客様のニーズを満たすように最高品質の木材のみにしています。

私たちは最高のサービスしか提供していないので、何十年もお客様から信頼され続けています。 われわれの製品とサービスを使用して、次の3つのことを保証します: 

1.われわれは時代に応じる 

私たちは代々、一貫して、日本国民のニーズに応えようと努力してきました。 時代の変化に合わせて柔軟に調整し、細部にもこだわっています

2.厳選された良質な素材を採用

京都府の敷地に原木を植え、虫害や悪天候による被害を受けないようにしています。 土地をきれいにした後は常に苗を植え直して、健全に育つようにしています。  
機械的な面では、すべての機器が最適な状態で機能することを確認するため、定期的に検査を行い、優れた品質の製品のみを提供しています。

3.私たちは秩序と最高の組織を信じている

京北プレカットでは、全てが体系的なアプローチに沿っていることを確認し、担当者が継続的にチェックしています。 私たちは機械の力を信じていますが、人間の正確さや間違いに対する明確な目を打ち負かすものは何もありません。 

京都産の高品質な木材が原木から木材にどのように加工されているかについては、以下をご覧ください。 ここは全ての動きが起こる場所です。 適切に管理している森林から木材を取り出して京極町林業協同組合加工センターに送りました。 多くの機械加工が施された後、洗練された丸太は京北ウッド総合センターに移送され、乾燥されます。  

ロギング

木材を作る過程は伐採から始まります。 切断、スリップ、新しく切断した丸太をトラックに積み込む工程です。 これは製造工程が始まる前の部分で、工場の外や私たちが管理する森の中で起きています。

  伐採は立木を伐採して丸太にし、トラックで運搬する工程です。 立っている木を切り落とすことから始まります。 一度木が地面に落ちて、画定されて頂上にあります。 薄い枝葉は取り除かれます。 突き出た枝は木全体で取り除かれ、幹だけが残るようになります。

 男一人はこの仕事をやり遂げることはできないです。 そのため、我々のスタッフはゴムタイヤ集材機を使って枝を切断し、丸太を積み上げてトラックに積み込みました。 集材機は人が操作する巨大なゴムタイヤ付きの小型移動機です。

 次のステップは切った木をトラックに積んで、原木場に運び、そこで製造過程を進めます。 ゴムタイヤ集材機は丸太を爪とロープでトラックに運びます。  

製造工程

木を木材に変える

樹木が工場に運ばれてから、はかりで量らなければならないでです。 クレーンはトラックを降ろし、丸太を丸太積みまたは丸太甲板の上に置きます。 丸太パイルは加工前の木材の保管場所です。

デバーキング

甲板の木材はそこで樹皮を剥ぎ取ります。 当社の事業では、樹皮を含めている木はも使用していません。 木材の皮を剥く工程を経た後、トラックに戻ります。 これは工場用燃料として出荷されています。

マーチャンダイザー

木材は外側からきれいに取り除かれた後、売り場に運ばれます。 ここで、ステムをレーザで走査して3D画像を形成します。 このようにして初めて、その目的が定義され、プログラムの発見に基づいてマシンが示されます。 この過程を経て、我々は木材から最適な価値を得る方法を決定することができます。

プロジェクトの発見によると、茎は丸太に切断されたり、電柱に切断されたりしています。 ログはDLI(double links in-feed)またはキャリッジソーに移動できます。

キャリッジソー

原木がキャリッジソーに到達すると、レーザは再びステムを走査し、出力最大化できる最適案を決定します。 その後、作業者が手動で垂直帯鋸の上を上下に走行させて薄板にスライスします。

その後、彼らはリゾーに行き、水平帯鋸でさらに研磨します。 厚い板は「スロープ」と呼ばれ、カーブソー組に入ります。 大きな丸太の場合は、馬車のこぎりで真ん中を切ります。

水平のこぎり

この時点で、スレートにはまだ凹凸のある粗い質感が残っています。 これが水平のこぎりの使い道です。 廃材とされていた木材から1~2インチ切り取ったもので、実際には木くずとして再利用されています。 水平ノコギリをしても板が厚い場合は木材が最適な厚さになるまでこの工程を繰り返します。

DLIまたはデュアルリンクインフィード

皮を剥いた丸太がキャリッジソーを通過していない場合はDLIを通過して減速機の2軸に入ります。 フィードに2枚の木材を並設し、水平帯鋸で食器板を切り抜き、チップヘッドで削り取ります。

切断された食器棚はおがくずになり、平らになった丸太や斜面は曲線のこぎりセットに入り、さらに磨くことができます。

カーブソーギャング

平板はより薄く、より微細な板に切断される前に、レーザによって再度走査されます。 走査により、機械は傾斜面の自然な曲線を見て利用し、その周りで動作することができます。 カーブソーセットは2つの歯形マンドレルを含み、1つは上から、もう1つは下からです。 ノコギリは板の側面を形作り、曲線ノコギリ群を通過する際に精錬します。

トリマーとエッジャー

次に、きれいな四角い縁のある木の板が剪定機に入り、丸い板が縁取り機に入ります。 エッジャーが丸みを帯びた板材を正方形に切断する前に、レーザで走査します。

スクラップはチッパに入り、四角板は直接トリマーに入ります。 重鋸、カーブソーセット、エッジマシンを経たすべてのボードはトリマーで終了します。 ここでは、板を四角板に切断する前に、再度レーザを走査します。 板は1枚2フィートまでしか縮められないです。

もしまだ足りないと思っている板があれば、彼らは端に戻ります。 その後、すべての正方形とトリムプレートはソータに続きます。

 

分類機

ここでは、板の長さ、厚さ、幅によって分類されています。 それらは、箱を1つ集めるのに十分な量になるまで、それぞれのゴミ箱に落とされて集められます。 輸送して積み上げることができます。 箱が満杯になると、オペレータはそれをチェーンに落とし、板をスタッカに送ります。

 

スタッカクー
スタッカークレーンの中では、木の板が幾重にも重なっており、中には小さな棒が挟まれています。 これらの木製の棒は各段の間に隙間を空けてあり、窯に入れた後に各板が均一に乾燥するようになっています。 木の板が幾重にも重なって梱包されていて、梱包がいっぱいになると、スコップが拾ってグリーンヤードに置いてくれます。

 

グリーンヤード
その名にも関わらずグリーンヤードはグリーンではありません。 太陽光線の下とマシンの外にある広いエリアで、ボードは1週間まで滞在できます。 その後、キルンに入れて乾燥させます。


キルン乾燥工程

乾燥工程を経て、水分が残らないようにします。 そして、彼らは滑らかで乾燥した仕上げに出てきます。 その後、同じ長さの板材同士を重ねてから、強固に束ねて包み込みます。


出荷
木製の板が整然と包装され、準備が整い次第、顧客に納品され、出荷されます。 建築用品を販売する店に木材を供給し、大量に購入している会社の建築現場に直接配送しています。

 

京北プリカットの特別特典
京北プレカットでは、建設会社向けに研磨原木やプレカット材を追加で提供しています。 さらに、CAD/CAM設計支援システムを使用して建築図面を提供することで、製品の耐久性と品質の高さを確保しています。


各顧客の注文に優先順位を付け、顧客のニーズに対応します。 ログの進捗状況を見たければ、いつでもお電話してください。ご注文完了時に、鳥瞰図をお届けします。