京都での木材企業

70年代と90年代には、日本は木材のニーズについて他の国に大きく依存し、フィリピン、インドネシア、マレーシアから何百万もの熱帯木材を輸入していました。長年にわたって、木材製造業者は世界の変化に適応するためにさまざまな種類の木材からシフトしました。

現在、日本には木材に依存する独自の木材企業がいくつかありますが、その多くは生産分野にあります。主に住宅用に使用されていたため、木材の必要性は減少しましたが、他の木製工芸品に新しい機会を開きました。

京北プレカットに参加して頂き、京都とその周辺の木工品や工芸品をご案内します。

伝統的な木工

日本の文化と慣習の保護と発展に伴い、伝統的な家屋やアイテムなどに木材を使用する人口の大きな部分がまだ残っています。

日本の大工仕事は、私たちの祖先が過去に使用していたいくつかの原則、方法、素材を使って行われます。

宮大工で造られた神社仏閣は、歴史上最も保存状態の良い木造建築です。市民の家や建物を作ることを選ぶ人々は、数寄屋大工の芸術に属します。

昔ながらの室内家具の作り方は指物市と呼ばれ、障子戸やらんまなどの仕上げは建具屋の芸術に属します。

何人かのアーティストやメーカーも昔ながらの方法でアートを制作していますが、最も有名な名前には、大橋正、大阪弘道、渡辺光などがあります。

昔ながらの方法が生き続け、繁栄している特定の博物館や店があります。

製造と供給

他のあらゆる都市と同様に、京都には木工センターとモダンな木製家具の製作者がいます。 買い手と長持ちするほか、木工品の美的価値を重視するクリエイターもいます。

彼らが木材を必要とするものに応じて、クライアントと生産者は木材の姿と種を見ます。日本で使用されている木材は、竹やヒノキなどの地元で栽培することができます。その他はインポートできます。

たとえば、クルミの木は、明るい茶色から暗いチョコレート色の範囲の暗い色をしています。 バーチはクリーミーな白色で、加齢により黄味がかった赤色になります。 ベッド、キャビネット、テーブルなどの頑丈な作業にはクルミが必要ですが、バーチは複雑で繊細なアイテムに適しています。

顧客のニーズに応じて、彼らは彼らが求めるものを提供できるビジネスを選択します。

ウッドクラフトと渇望

日本のごく一部では、クラフトや自分の作品に木製の素材を使用しています。

愛好家、事業主から活動センターまでレンジします。先に説明した他の市場とは異なり、これらの市場は、箸、アクセサリー、おもちゃなどの小さな製品を生み出しています。

木工に興味のある方は、京北プリカットにアクセスして、あらゆるニーズに対応できる栽培加工製品をご覧ください。